読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きもちわるい日差し

胃が痛くて不健康ライフだけど、生きてるって感じがするね。いま、ここにいる。実感がない。指先までバーチャル。だから、会いたい人には会わなきゃだし、行きたいところには行かなきゃ。かといって空っぽのところを埋めることができるは自分だけ。矛盾してない?気分次第でしかないじゃん。いつも同じ場所に漂うことがそもそも無理だし、当たり前か。わたしが生きてるって思った瞬間だけ生きてる。あとは知らない。

2年後なにをしているか考えた。きっともうここにはいない。でもどこにいるかはわからない。疲れるからもう、考えるのやめた。写真撮ったり文を書いたりするのは、わたしの限界値を超えた世界を見たいから。自分の手を離れた瞬間の解放感。あーそれはある、いま書いて気づいた。

暑いね、夏かよ。